• 初めてご利用の方は、まずこちらをご覧ください。
  • 会員登録はこちら
  • 店長のタイムリー オススメコーヒー
  • スペシャルティコーヒーの業務用卸はこちら
  • 抽出器具・消耗品はこちら

カレンダー

2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
営業日の受付時間
午前11時までのご注文は、当日焙煎・当日出荷となります。
(平成28年12月より休前日も午前11時までに変更になりました。)
産地別コーヒー豆
南米産 コーヒー豆
中米産 コーヒー豆
カリブ海産 コーヒー豆
アフリカ産 コーヒー豆
アジア・その他
ブレンドコーヒー
カフェインレスコーヒー
コーヒー以外の商品

商品検索

商品カテゴリーから選ぶ

商品名を入力


  • スペシャルティコーヒーギフト
  • コーヒー豆以外の商品
  • お客様の声

エチオピア イルガチェフェFLOオーガニック

おすすめ焙煎度:ハイロースト
 
味のチャート
ハイローストでの評価

アイス珈琲にお奨め!

お買い物エリアへ移動

<3 ハイロースト>
甘みと酸っぱくない酸が特徴で、とても飲みやすい。
フルーティさが素晴らしい。

<4 シティロースト>
柔らかい苦みと甘みが共存した味わい。
フルーティさと蜂蜜のテイストも感じられる。
バランスも良く、飲みやすいので、ブラックのままがお奨め。

<5 フルシティロースト>
苦く、焙煎によるビターチョコのような苦味。
バランスも良く、飲みやすい。

「焙煎度」について

上島店長の評価

   

世界的な人気のイルガチェフェ地区のコーヒーで、
風味の豊かさは、さすがの一言に尽きます。

農薬を使わずに生産されているコーヒーなので、安心安全な商品です。
そして有機JAS認証珈琲は安心安全なだけでなく、環境にも優しい珈琲であり、
きっちりとした管理体制が無いと認証を得られないので、
生産されるコーヒーの品質安定にも繋がります。

 
 

商品の情報

生産地 エチオピア連邦民主共和国
イルガチェフェ地区
(Yirgacheffe)
樹種 エチオピア原種
精選 ウォッシュド
格付 Grade-2

農園の紹介

農園名

多数の農園より

標高 1800-2350m
精選処理 イルガチェフェコーヒー
生産者組合連合
認証と入賞

有機JAS認証

アラビカコーヒーの原産国・エチオピア。

コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。

イルガチェフェコーヒー生産者組合連合(YCFCU)は2002年に誕生した農協で、現在コーヒー農家4万4000家族・21生産者組合が参加しています。

近年スペシャルティコーヒーとして、世界的な注目を集めるイルガチェフェは豊かな火山灰性土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖の差が、コーヒー栽培に適しています。

その素晴らしい自然環境の元であっても、生産者なくしては素晴らしいコーヒーはつくられません。

世界ブランド【YIRGACHEFFE】

エチオピアは国土の殆どが、広大なエチオピア高原。
コーヒー発見伝説の舞台となった国で、
現在はエチオピア・モカの産地としても有名です。

標高2,400mといえば、
日本では富士山の5合目以上の高さですが、
その気候は冷涼な高山気候で、
富士山同様1年中、日本の10月ごろの気候です。

イルガチェフェ地区は、標高1,800から2,300mの高原の上にあって、
非常に狭い範囲の地域でコーヒーは栽培されています。

西には近在の人々が愛してやまないアバヤ湖のすばらしい大自然があり、
このアバヤ湖の南のチャモ湖との間には、
大きなサバンナと大湿地帯にまたがってネッチサー国立公園があり、
カバからワニ、レイヨーからライオンまで、
さまざまな野生動物の保護区となっています。

コーヒーの生産は1950年代から本格的にはじまったのですが、
紅茶にも似た独特なフレーバーと、
力強いボディ(=ワインに例えるとフルボディ)によって、
このイルガチェフェ地区のコーヒーは世界に知られ、
世界ブランド【YIRGACHEFFE】として有名になりました。

有機JAS認証とは

有機JASマークのつけられた商品は有機栽培で作られたコーヒーであることを示しています。

有機栽培コーヒーとは、化学肥料や農薬を使わずに、堆肥など、自然の肥料のみを使って栽培されたコーヒーです。

また、輸送中・輸入時にもくん蒸を行わず、焙煎でも農薬や薬品が一切使用されていない安心・安全なコーヒーです。

スタッフの評価

上島相談役

<4 シティロースト>
渋味が感じられるが、これは好みの問題か。
取り立てて秀でたものは感じられないが、全体的にバランスは良い。

 

<5 フルシティロースト>
焙煎による苦味が強くなってきているが、程好くまとまった味です。

石 谷 <3 ハイロースト>
モカらしい味で、香ばしく香味も良いが、全体的に味が弱く感じる。
持続する甘さがある。
米 田

<3 ハイロースト>
甘みがあるのは好印象。
ただし、苦味によって打ち消され気味で、甘みが突出している感は無い。

村 井

<3 ハイロースト>
芳醇な素晴らしい風味。
マスカットフレーバーをしっかり感じ取れる。
チョコレートフレーバー、ナッツ、ワイン等の風味も感じとれ、さすが「モカ」と唸りたくなる味わい。

 

<4 シティロースト>
やはりモカコーヒーは素晴らしい。
丸みの有る酸味と甘みがやさしく舌を包み込む。
マスカットフレーバー、チョコレート、ワインの風味も感じ取れる。
シティローストが一番クリームとの相性が良く感じた。

 

<5 フルシティロースト>
フルシティでも焦げた風味が少ない。
フルーティさは非常に少なくなったが、ワインのような芳醇さは顕在。

北 岡

<3 ハイロースト>
酸味はさほどキツくなく、キレイな酸味。
紅茶のような深みも。

 

<4 シティロースト>
ボディは弱いが、余韻が残る。
レモンティっぽいテイストを感じた。

 

<5 フルシティロースト>
苦味とコクが加わり、ワインのように滑らかな舌触り。
割とスッキリしている。

 

  • オススメ

イルガチェフェ・オーガニック (焙煎豆250g) 【エチオピア・アフリカ】

焙煎度
豆の挽き方
個数
価格
1,650 円(税込)
商品コード: 202

このページのトップへ